やってみたいに素直に

Uncategorized

最近は時間があるが、以前はちょとした時間がとても大切だった。
ランチも兼ねたイベントに行き、また用事をするなどして過ごしていた時もあった。

そんな時、ふっ、ゆったりしたいと思い、実践してみたことがある。

お気に入りのカップで紅茶を飲む

実家の食器棚の中に飾ってあって、日頃全然使用することのないカップ達。
なんとなく、このカップで紅茶飲みたいと思い、実践。

うん、ふ〜〜と疲れやもやもやが癒やされた。

自分のやってみたい・行ってみたいに素直に行動する。
自己満足でしかないんだけど、実現できたってことが、何より大切だなと感じた。

経験は活きる

話は先日の話に変わる。
久しぶりな同級生から連絡がきた。共通の友人のお祝いに一緒に行こうのお誘い。
全く別の道を歩んでいる自分達。(当たり前か)

私は10数年前、数年だけオーストラリアにワーホリに行っていました。
他にもちょこちょこ外国には行ったことはありますが、全然知らない国も多いです。

そして、友達のお子さんは大きくなり、なんとオーストラリアに行ってみたいとのこと。
だから、話を聞いてほしい、と。

もう10数年前のことだから情報は新しくはないけれども、その当時、どのようにやったか…は、お知らせすることはできるかもな…それに、最新の情報は、コミュニティのメンバーに聞けば色々今の状況がわかるかもしれないし!

当時も、本当に行けるの?できるの?と思ったが、実際に行ってみたら、同じような仲間はたくさんいた。

上で書いた、お気に入りのカップで紅茶を飲むこと=やってみたいと、外国に行ってみよう=やってみたいは、同じ。

どこかで自分が世界を狭めていたんだと思ったこと、今、振り替える。
今も、自分の世界を自分で狭めることのないよう、前を向いて歩んでいけたらと思う。

実際、今、一番は自分の今後をどうしていこうか?だ。

今ここ、大事にしていきたいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました